【働き方】ビジネスを進化させるちょっとしたアイデアの出し方

管理人テコです( ´ー`)

最近欲しいものの一つに”キャンパー”があります。

キャンピングカーなんですが、
大それたものではなくて
バンにちょっと便利な設備が付いた車程度で良いんです。

予備電源とかタンクの水とか簡易ベンチが付いた
災害時にも活躍してくれそうなキャンパー。

そもそもキャンプの知識もないので
立派なものはいりません^^;

人気が”軽”から”バン”にシフトするかもしれない

我が家の車は軽です。
3人家族ですし、安く済むのでちょうど良いです。

しかも最近の軽は凄いですね。
もうひと昔前の普通車と変わりません。

それどころかいらない便利機能も満載です。
正直、複雑多彩な機能で使いこなせません^^;

で、
昨年からトヨタのキャンパーアルトピアーノという車が気になっています。

理想の機能が最小限載っているまさにキャンパー。
手軽なサイズで普段乗りもできるしほど良いキャンピングカーで
これから人気が出て注目されるはず。

本体はタウンエース。
可愛いとか格好良いなんてものではないので
通常はビジネス車としてしか注目されません。

ところが、
このバンにひと手間掛けただけで
1年間で100台売れたそうです。

もちろん、客層は手軽にキャンピングできる車を求める一般消費者。

これはもしかすると、
ミニ(我が家は200万円越え;;)から
キャンパー(250万前後で買える!)に人気が移動しそう。

”ちょっとしたアイデアは巷にあふれている” ことに気づけるか

こうやってたいして売れなかったものが
客層をガラッと変えて売れ出すには、
巷にあふれている”声”に気付けるかに限ります。

正直なところ、
自分で新ビジネスを作るとか
自分でビジネスを組み合わせるとかって
結構むずかしいことです。

ところが、
意外と普段の会話の中にヒントが隠されているもの。

例えば、
テコは検討中の家の模型を作りますが、
一般に知られているのは展示場にあるような完成模型。


※参考カラー模型S=1/50

それ以外にどんな家の模型があるのかというと
先日こんな話がありまして、

「近所のおばちゃんたちと想い出づくりしたいよねぇ、って話しててね・・・」

これって、”想い出模型”に変換できそう!
ということになるんですよね。


※実際に製作された想い出模型の一例

想い出模型をお仕事としている方もきっといらっしゃると思います。

継続している派生ビジネス、していない派生ビジネス

あるデザイン事務所からのお電話で閃いたビジネスが
10年経った今でも継続されています。

毎年、10万円/年くらいずつ増収していますが、
もし力を入れて取りかかれば
あっという間に倍まで増えるような気もします。

もちろん内緒^^

メリットは平均して8,000円/時間以上。
メンテナンスと受注時の作業を考えても
この価格で維持できるのは素晴らしいこと。

デメリットは先にも出たメンテナンスが必要なこと。
もし、このメンテナンスがなければ、
一気に15,000円/時間くらいにまで上昇しそう。


※関連模型の皆様^^

パースの画を外注しなければいけなかった時、

「模型でできればいいんですけどねぇ・・・」

というお声を頂きましたが、
残念ながら継続はできなかったビジネスがあります。

これは動画にしています。

おまけ動画♪

メリットはオリジナル性と納品の手間がないこと。

本格的なパースより格安に設定して、
模型とセットで受注しました。

今まで4件ほど納品したことがありますが、
たぶん他の模型屋さんではやっていません。

デメリットは、生産性。

時給換算するとあまり良い数字ではありませんし、
価格設定が難しい点。

今はやっていませんので、
興味のある方は是非チャレンジを!

——————————————-
☆メルマガ&メール講座のご案内はこちら
https://whiteteco.com/mail-seminar.html
——————————————-

関連記事

  1. 【働き方】模型職人が持っていそうで持っていない国家資格1つ民間資格1つ

  2. 【働き方】文章→写真→動画の時代へ。コンテンツの変遷

  3. 【働き方】令和の建築模型士VS建築模型職人、どっちが生き残る?