【3Dプリンター】ミニチュアハウスのデータをダウンロードして印刷してみた!

※ ご連絡 ※
今、サイトをコミュニティ化(リニューアル)しています。
そのため、記事のほとんどの画像がなく、リンク切れも発生しています。ごめんなさいm(_ _)m
ほぼイメージの固まったトップページをチェックしてもらえると嬉しいです!

先日は、3Dプリンターとノートパソコンの購入についてまとめてみました。知識不足では損しちゃいますから気を付けて購入を検討してくださいね!

今日はその続編として、フリー素材(3Dデータ)をダウンロードして印刷するまでをご紹介します。とはいっても、テコが購入したLABISTSの場合ですので、あくまで参考程度にお楽しみください。

ダウンロードから印刷まで


パソコンも3Dプリンターも購入して、必要なソフトも準備済みの状態からお話はスタートします。当サイトは家模型に特化したサイトですので、「House」のキーワードでデータを探して印刷してみることにしました。また、初心者(テコも!)ということもあり、3DCAD(3次元データを作るソフト)までは使わないバージョンで印刷までの道のりをご紹介をします。

無料データを探す


小物づくりに興味がある方は、間違いなくデータ探しだけでも楽しめると思うんですが、随分と豊富に無料のデータが手に入るようになりました。近年ではスマホケースやキッチン用品どころか、フィギュアや美術館所蔵の3Dデータまでもダウンロードして手軽に3Dプリンターで作れてしまいます。

フリーダウンロードできるサイトをまとめたオススメの記事を見つけましたので以下にご紹介しておきます。

こんなに見事に集めてくださって感謝です。

My Mini Factoryでダウンロード


上記でフリーダウンロードのサイトを紹介してくれている記事をリンクしましたが、その中にないテコがよく使うオススメサイトもありますのでご紹介します。

My Mini Factory
https://www.myminifactory.com

写真で手順をご紹介しますが、Chromeブラウザで日本語訳しているので簡単にダウンロードまでできます。有料と無料とありますのでダウンロードの際はご注意ください。

1.トップページです。日本語訳しなくても簡単です。
1.トップページです。日本語訳しなくても簡単です。
2.検索窓で「House」と入力すると結構出てくる!
2.検索窓で「House」と入力すると結構出てくる!
3.フリー素材を見つけてダウンロードさせてもらう
3.フリー素材を見つけてダウンロードさせて頂く

これだけです。写真にあるサンプル(緑の家)の窓や玄関がきれいに抜けているところを覚えておいてください。

スライサーソフト


3Dプリンター「LABISTS」にはオリジナルのスライサーソフトが付いています。「LABSLICER for win」と「LABSLICER for MAC」が利用可能です。圧縮ファイルを解凍したらどちらかご利用のアイコンをダブルクリックしてください。すると下のような画面が開きます。

1.中文と英語のみですがシンプルな画面なのでご安心を。4分割された円の上部がデータの読み込み、右が変換ボタンです。
1.中文と英語のみですがシンプルな画面なのでご安心を。4分割された円の上部がデータの読み込み、右が変換ボタンです。
2.右のボタンをクリックすると2つのボタンが現れます。初心者は「One-Key」を押します。
2.右のボタンをクリックすると2つのボタンが現れます。初心者は「One-Key」を押します。
3.3つの選択枠が現れますので、初心者は「Fast(荒め)」か「Standard(標準)」を選択します。
3.3つの選択枠が現れますので、初心者は「Fast(荒め)」か「Standard(標準)」を選択します。
4.「Standard」をクリックすると印刷時間とフィラメント量の予測値が出ますが参考程度(制度が悪い^^;)です。最後に一番下の「Save Data」か「Save SD」を選択して保存します。
4.「Standard」をクリックすると印刷時間とフィラメント量の予測値が出ますが参考程度(精度が悪い^^;)です。最後に一番下の「Save Data」か「Save SD」を選択して保存します。
5.LABISTSに付属のSDの中身です。印刷したいデータはフォルダの外に一つだけ入れておきます
5.「Save SD」を選択しました。LABISTSに付属のSDの中身はこのようになります。印刷したいデータだけがフォルダの外に一つだけ出ている状態です。

これでデータの準備は整いました。microSDを「LABSTS」に差し込みます。

3Dプリンターを動かす


待ちに待った3Dプリンターでの印刷です。うまくできるか不安4:期待6くらいの気持ちで3DプリンターにmicroSDを差し込み電源を入れます。

基本操作


実は、この3Dプリンターの説明書がなかなかの日本語訳で読む人にとっては混乱の種じゃない?と思ったので、基本操作を動画にしています。

もちろん、基本操作はすべての3Dプリンター共通ではありません。この最安値3Dプリンターの独特の操作方法ですのでご注意ください。

印刷してみる


では、ダウンロードした小さな家のデータを印刷してみましょう。

いい感じにフィラメントが積まれていきます。
いい感じにフィラメントが積まれていきます。
最後までトラブルなく印刷することができました!
最後までトラブルなく印刷することができました!
しまった!空洞部分がサポート材で・・・窓はきれいに抜けないんだ・・・
しまった!空洞部分がサポート材で・・・窓はきれいに抜けないんだ・・・

うまく打ち出せたと思ったら、ご覧の通り、玄関や窓にはサポート材がギッシリと詰まっておりました^^;覚えていますか?ダウンロードサイトにあった緑のサンプルの写真。空洞などのある立体物は初心者にはまだ難しいですね。

これは、フィラメントを積層する際に物理的には積み上げられない部分に、仮のサポート材を作るようデータの中で設定されていたんですね。

ちょっと見えづらいかもしれませんが、下写真の黒いピカチュウのしっぽ、腕、耳がサポート材で支えられているのがわかりますか?

フィラメントが荒く積層されています。これがサポート材の部分
フィラメントが荒く積層されています。これがサポート材の部分。折れないように取り除く必要があります。

これらの設定の仕方はまたおいおいお勉強して記事にしたいと思いますが、ひとまずは印刷ができてホッとしています^^

まとめ


いかがでしたか?3Dプリンターとパソコンが揃ってから印刷が完了するまでの流れをご紹介しました。

この3Dプリンターを、私達はどう使えば良いのか、その使い道がわからなければただのガラクタですね。実際にそんな感想も頂いているのですが、データづくりに慣れてくると、下の写真のようなリペア(復元)もできるようになります。

椅子の脚につける部品
椅子の脚につける部品を復元!

4脚あった椅子の部品をたった一つなくしたがために1脚は物置で眠っていました。おかげさまで数年ぶりにダイニングに4脚揃っています。

このように、これまでは修理のために費用をかけてしまったり、捨ててしまっていたものが自分たちでリペアできるようになるんですよね。しかも、今の一般的なフィラメントはPLAと言って、今回購入したフィラメントはトウモロコシから作られているんです。

ちょっと良いことしているどころか、結構環境のためになるんです。

子供の頃から3Dデータを作ることに抵抗がなければ、3Dプリンターで資源を無駄にしないDIYがより身近になるかもしれませんね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。