【学び方】通信講座ってどうなの?オンラインで学ぶメリットデメリットと建築模型の試し方

管理人テコです。

”働き方改革”が浸透し出して、サラリーマンも『副業』や『複業』を積極的に取り入れられるような会社が増えましたね。サラリーマンに限らず、ママやおじいちゃん、おばあちゃんもビジネスを始める機会が増えました。「メルカリ」や「ココナラ」が良い例です。個人間でモノを売買する環境も随分快適になりました。

では、建築模型を製作するお仕事はそんな時代にうまく乗ることができているんでしょうか?特に、昔からテレビでも良く紹介される建築模型士の通信講座はというと・・・?

今回は、建築模型の通信講座についてのメリットデメリットをまとめてみました。

通信講座とは?

通信講座(通信教育)を受講した経験のある方は多いかもしれませんね。通信講座とは、自宅に居ながら色々な分野の学習を自由な時間に取り組める教育システムです。筆ペン、ハーバリウム、食育からヨガまで、本当に多種多様なものが世の中に存在します。

どんな人が受講している?

講座を受講するほとんどが主婦の方々のようです。建築模型を例にとると、以前、建築系の会社で事務や設計などをしていたという方が多いのですが、全くの素人という方も通信講座を受講しているようです。

皆さんが受講する理由は、

    • 子供が大きくなって時間に余裕ができたから
    • 過去の知識を生かして社会復帰したいから
    • ハンドメイドなど手づくりが好きだから

が大半で、なおかつ、収入に結び付いたら家計の助けになるからです。

どんな通信講座がある?

オンラインで受講可能な通信講座のタイプを3つご紹介しますね。

創業95年の老舗:がくぶん

もう100年近くも前から講座を提供してきた有名な通信講座の王様ですね。建築模型も在宅ワーク(副業)として古くからオススメされる講座のようです。

がくぶんは規模が大きいだけあって、がくぶんの講座を修了した方々が参加できるサービスがあります。

  • 作成した作品を出品することができるオンラインショップ
  • 開校したショップや教室を紹介してもらえるサイト

がくぶん →
http://www.gakubun.co.jp/

先進的なスタイル:ココナラ

最近の主流となりつつある個人間取引が可能なサイト。例えば、”ヤフオク”や”メルカリ”なんかもそうですが、自分のスキル(技術・特技)を気軽に販売することができる時代になりました。その中でも最近注目を集めているのが”ココナラ”。

キャッチフレーズが「スキルのフリーマーケット」とあるように、売るものもその価格も個人がある程度自由に設定できます。もちろん、この中に建築模型を作ってくれるサービスを提供している模型職人も多数います。色んな講座を見てまわるだけでも楽しめます。

ココナラ → https://coconala.com/

模型職人監修:メール講座

『もけると』の管理人テコが今年2月3月と続けてメール講座をリリースしています。現役模型職人の技術と経験を文章と動画でまとめた「入門編」「基礎編」です。そもそもの始まりは、テコの動画チャンネルが元で全くの素人だった主婦の方が模型職人として独立されたことがきっかけ。オンラインだけで身に着け、自身で営業を掛け、見事受注を重ねているのがすごいですね。現在はお忙しくて休止していますが、個人ですからその辺りも融通が利くところです。

入門編 → https://whiteteco.com/seminar-nine.html
基礎編 → https://whiteteco.com/seminar-robie.html
メルマガ → https://mokeruto.jp/wp/news/mail-magazine/

建築模型士とは?

ところで、”建築模型士”という資格を耳にしたことはありませんか?通信講座を修了したらそういった資格を取得できるものだと思ってしまいます。でも、実は”建築模型士”という資格はありません。どういうことかというと、通信講座を提供している会社が独自で作った単なる”認定証”だということです。だから、実はなんの効力もないんです。

模型のお仕事は、そういった意味では実力と努力の結晶です。資格に依存せず、”作る意味と意義”を持って価値を提供しないと受け入れられない難しい職業なんです。

メリット

これから何かを始めたい方にとって、通信講座ってどんなメリットがあるのでしょうか?

自由な時間に学べる

通信講座の強みは、自由な時間に勉強することができることです。

    • 通勤時間
    • お昼休み
    • 子供が寝てる間に
    • 料理をしながら

そんな時間でも学ぶことができるのが通信講座の強みです。

好きな場所で学べる

通勤時間に学べる場所と言えば、電車の中ですね。車通勤だったとしても、音声学習が可能な分野なら運転しながらでもできます。カフェでスマホ片手に学べたり、出張先のホテルでノートパソコンを広げてスキルアップも可能です。

    • 電車の中
    • 車の中
    • カフェ
    • 自宅
    • 公園のベンチ
    • トイレ
    • バスルーム

どこでも学べる時代になりました。

通学より費用が安い

通信講座のもう一つの強みは、学校へ出向いて直接学ぶよりも費用を抑えることができること。

    • 授業料
    • 交通費
    • 教材費

これらがすべて格安になります。教材費はすべてセットで申し込みから数日後には届けられるのがほとんど。どんなものを買ったら分からないで画材屋などに行っても、高いものを買って損してしまうものです。初心者ならなおさら。セットで届くのは初心者にとってはとりあえず利点と言えます。

全国のスクールから選べる

オンラインですから、北海道の方が沖縄の教材を購入しても何の問題もありません。もちろん、海外の教材だって購入することができるでしょう。以前は、近場のスクールしか選択枠がなくて、特に地方にお住いの方々にとっては選択枠が狭いのは残念なことだと思います。通信講座ならその心配もありません。

デメリット

注意したいことももちろんあります。

モチベーションが続かない

モチベーションとは、物事を継続し目的を達成するための意識を高く持ち続けることです。オンラインは一人で学習することがほとんどです。また、周りの環境に振り回されて集中できずにやめてしまうこともあるでしょう。モチベーションの維持は非常に難しいと言えます。

サポートが薄い

直接学校へ行く人たちの強みは、周りになんでも聞ける環境で学べるということです。ところが、通信講座になると、一人で学習するだけではなく、メールやチャットなどのサポートが満足に受けられないという声を聞くことがあります。聞きたいことがあるのに回答が来るまでに時間が掛かったり、結局解決に至らない事もあるみたいですね。

仲間ができない

見落としがちなデメリットです。仲間がいると、それぞれの弱点を克服し合ったり、コラボレーションすることも可能。オンライン上で交流できるサービスがあれば良いのですが、必ずしもあるとは言えませんし、あったとしても敷居が高いと感じればなかなか参加するまでに至りません。お互い高め合う仲間ができづらいのは痛いデメリットだと言えます。

応用力が向上しない

”サポートが薄い”、”仲間ができない”と自動的に付いてくるデメリットです。基礎力は確かに通信講座の教材で身に付くかもしれません。ところが、そこにオリジナル性や独自のサービスをプラスすることができません。仲間がいるから特徴が見えてくる。サポートがあるからより高みに進めるということが困難になります。

斡旋は期待できない

よく勘違いされるのが、仕事の斡旋(あっせん)です。もし、大手の講座を修了して認定証を手にしたとしても、実際に仕事を回してもらえる修了者はごく一部のようです。理由は簡単です。毎年100名が修了したとします。すると、100名分の仕事を生み出す必要があります。それを毎年続けることはできませんよね。10年で1000名分のお仕事を生み出す会社が存在するかは疑わしいですから。

建築模型の通信講座ってどう?

東京ガスショールームにて(リアル講座)

では、建築模型の通信講座は実際のところどうなのでしょうか。今までリアルな講座とメール講座と両方で参加された方々のご意見を伺ってきましたので、それらも加味しながらまとめます。

メリットとデメリット

一般的な通信講座と同じように、

    • 自由な時間に学べる
    • 好きな場所で学べる
    • 通学より費用が安い
    • 全国のスクールから学べる

は言えると思います。

ところが、他の一般的な講座と比較すると、どうしても作るものが大きく、完成まで時間の掛かるものです。ですから、カフェで作ることはもちろんできませんし、途中で場所を移動するのも困難です。せめて、テキストや音声、動画での予備学習を充実させたいところですが、そこまで整っているかと言うとそうでもないのが現状です。

実際の通信講座のテキスト

がくぶんの建築模型講座のテキスト

写真のようにテキストとDVD、それに材料と道具が揃って5万円台の講座があります。内容はカラーの外観模型がメインで、建築初心者でもわかりやすく図面の読み方などまで解説されています。入門書としてはとても勉強になりますし、模型は作れるようになると思います。

「すぐわかる」は正確ではない

「がくぶん」さん以外にも通信講座は色々ありますがあまり良いうわさは聞きません。理由は内容の薄さとサポートの薄さ。とても満足のいく内容ではなく、ほとんどの受講者が受講料を回収するほどの受注は出来ないのが現実です。

そんなことになってしまった理由はいくつかあります。例えば、「すぐわかる」、「すぐ稼げる」、「簡単に作れる」とうたう通信講座の広告を信じて未来の収入源として期待してしまうといった感じ。

建築は簡単ではありません。図面はもちろん難しいですし、建築学生ですら2年生になっても図面を満足には読めません。また、図面のルールはあるものの、描く人が代われば表現方法も違ってきます。各会社の特徴も把握できるほどの学習を通信講座では出来ないのが本当のところです。しかも、その難しい図面を模型にするのですからレベル差は歴然と表れます。

まとめ

建築模型の通信講座。まとめとして以下をご紹介します。模型づくりをお仕事にしたい時にはぜひ参考にしてください。

    • 図面の読解力が乏しい → 模型が作れません
    • 丁寧な作り方しか知らない → 納期を守れません
    • 高収入を期待している → 時給換算するとアルバイト以下も
    • 講座は高額 → 修了後に回収できる可能性は低いです
    • 目的意識が弱い → 楽して稼ぐことはできません

安くても5万円台。高額なものは30万円以上掛かる通信講座もあります。でも、その講座で本当に稼げるかというと”はい”とはいえません。

それでも建築模型を始めたいという方にぜひお願いしたいのは、目的意識を持って取り組んで欲しいということです。社会的貢献度は非常に高く、以下のような重要な要素を左右することを心にとめて欲しいんです。

    • 数千万円のお買いものを左右する
    • 建て主さんの暮らし方を左右する
    • 設計事務所の収益を揺さぶる
    • ひいては街づくりまでをも変えてしまう

結構厳しいことを書いてしまいましたね。

ここまでお読みになった方はきっと何か強い意志を持って読み進めて来られたと思うんです。そこで、通信講座を受講して後悔する前に、以下のようなことを試して頂ければ嬉しいです。

補足:自分を試す講座

テコがすべてオリジナルで作成したメール講座は、1000km離れたママ模型士がきっかけで誕生しました。その方はほぼ動画だけ(最後に添削もさせて頂きました※動画あり)で模型の作り方を学び、積極的に建築事務所に営業を掛けて見事ママ模型士デビューを果たしています。

そんな強い意志を持って建築模型の通信講座を受講しないと損しかありません。

大手の通信講座を受講するのも良いのですが、その前に、模型のお仕事が自分に向いているかを試してみるのもいいかもしれません。無料のメルマガを読んでみるのもお勧めです。ぜひお試しくださいね。

入門編(980円~) → https://whiteteco.com/seminar-nine.html
基礎編(3,980円~) → https://whiteteco.com/seminar-robie.html
メルマガ(無料) → https://mokeruto.jp/wp/news/mail-magazine/

※下の動画は文章中で紹介しました添削の公開動画です。
スマホの場合は画面を横にしてご覧ください(現在は添削していません)

 

関連記事

  1. 【学び方】住宅模型を作るきっかけも作る勉強もテコ動画だったそうです

  2. 【学び方】住宅模型職人になるための方法4つとポイント5つ

  3. 【学び方】主婦から建築模型職人へ動画だけでなれるのはなぜ?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

teco(テコ)

管理人テコです。モクモクと住宅の白模型を作る職人のこれまでの経験が家づくりと模型づくりに役立てば良いなぁと『家づくりのための住宅模型倶楽部~もけると~』を開設しました。

  1. 【100均】「建築会社から図面がきた!のでザックリ模型を作ってみた…

    2019.09.23

  2. 増税後、ハウスメーカーが『スタディ模型作ります』を始める理由

    2019.09.17

  3. 【作り方】本格的な家模型にチャレンジ!無料動画『基礎編』が役に…

    2019.09.12

  4. 【建築家探し】願望系キーワードで建築事務所サイトを検索しよう!

    2019.09.07

  5. 【学び方】通信講座ってどうなの?オンラインで学ぶメリットデメリ…

    2019.09.06

  1. 【家模型入門21/21】ライブ解説バージョンサイコロ作成解説

    2018.11.07

  2. 【家模型入門20/21】アルバイトさん向けサイコロ作成解説

    2018.11.06

  3. 【家模型入門編19/21】模型担当者さん向けサイコロ作成解説

    2018.11.05

  4. 【家模型入門18/21】サイコロ作成で技術力をアップ!

    2018.11.04

  5. 【家模型入門17/21】材料/道具の画材屋やオンラインショップのご紹…

    2018.11.03

  1. 【家づくりに効く動画7/7】復習!住宅模型の本当の使い方(おまけ動…

    2018.11.27

  2. 【家づくりに効く動画6/7】100均の材料と道具で作れる住宅模型動画

    2018.11.26

  3. 【家づくりに効く動画5/7】アンケート「住宅模型って知ってる?」認…

    2018.11.25

  4. 【家づくりに効く動画4/7】新築検討で意外な住宅白模型の使い方

    2018.11.24

  5. 【家づくりに効く動画3/7】検討模型って何?を7つの模型でお話します

    2018.11.23