【プラン計画】”デザイン”と”設計”って意味が違うんですか?を家づくりに活かす

0

管理人テコです。

デザイナーでもないし設計士でもないのですが、
こんなことを考えたことがありました。

「”デザイン”と”設計”って意味が違うの?」

そんなこと考えたことあります?
多分、一般的には同じなのかもしれませんよね。

でも、テコはこんな結論を出しましたので
まとめてみます。

「デザイン」と「設計」の意味を調べる

まずはそれぞれの意味を調べてみます。

一般的な方法でいうと、
ネットの検索窓や辞書ですね。

ウィキペディアで調べる

ネット上で困ったらまずウィキペディア^^

デザイン(英語: design)とは、
審美性を根源にもつ計画的行為の全般を指すものである。
意匠。設計。創意工夫。
また、オブジェクト、システム、 図画、設計図、回路、パターンなど)
を構築するための計画、または作成する行為など、
「デザイン」はさまざまな分野で異なった意味として用いられている
   ・・・・・・・・・・・出典:Wikipedia

設計(せっけい、英: design)とは、
建築物や工業製品等といったシステムの具現化のため、
必要とする機能を検討するなどの準備であり、
その成果物としては仕様書や設計図・設計書等、
場合によっては模型などを作ることもある。
   ・・・・・・・・・・・出典:Wikipedia

と、なんか難しくてかみ砕くのも面倒です。

「デザイン」は何かを作るときの計画やその行為らしいですが、
「設計」は何かを作るために必要な準備のようですね。

英語に翻訳してみる

次に翻訳サイトで「デザイン」と「設計」を
英語に翻訳してみました。

デザインは「design」
設計は「design、plan、layout」

デザインは当たり前と言えば当たり前ですね^^;

では設計はというと、
Plan=計画、案、方針
Layout=設計、割り付け、案
と出てきました。

どうやら、

「デザイン」は目に見えないもの
「設計」は目に見えるもの


のようにも思えてきました。

「デザイン」する事例

都市をデザインするとは?


テコは建築の学校を卒業しています。

でも、たいして優秀ではなかったので
「デザイン」の意味を深く考えることがありませんでした。

あるとき、
仕事で都市デザインに触れることがありました。

アーバンデザイン(米: Urban design)Urban designの訳語である都心設計の概念として、
都市の環境と都市空間、市街地などを計画設計することを意味する都市計画用語。
都心を構成する建築群などの群集や形態を重視して、
都市環境、都市空間を計画し設計することを示している。
   ・・・・・・・・・・・出典:Wikipedia

とあります。

テコが学生の頃は、
「デザインってカッコよく見えるように作ること」
だと思っていました。

でもそれって随分浅い考えだったんだなって。

都市をデザインするうえで大切なことは、
その都市の現状を把握して環境や空間を快適にすること

だということがなんとなくわかってきました。

暮らしをデザインするとは?


保険のセールスレディやお金のフィナンシャルプランナーが
「暮らしをデザインする」とよく言っているのを
聞いたことはありませんか?

この「暮らしをデザインする」には
お金の知識を深めて生活を豊かにするという意味が含まれていますね。

お金をメインに暮らし方を組み立てるプロですから、
節約、節税、資産運用などについてのアドバイスで
暮らしにゆとりを作るお手伝いをします。

見た目の良さではなく、
暮らし方そのものの在り方にフォーカスします。

暮らしを良くするために身の回りのツールを活用するんですね。

家をデザインするとは?

これを家づくりに当てはめてみましょう。

「暮らしをデザインする」を例にしましたが、
そのまま家づくりにも使える言葉です。

そこで、シンプルに、
「暮らしを良くするために身の回りのツールを活用する」を言い換えます。

    家を「デザイン」するために〇〇〇を「設計」する

”〇〇〇”にあなたに合うものを当てはめてみてください。

それが、”お金”かもしれませんし、
”間取り”かもしれませし、”構造”かもしれません。

あれ?
なんか、色々と出てきそうですね。

「デザイン」という目に見えないものを作り上げるために、
「設計」という数々のエッセンスを組み込んでいるようです。

まとめ「機能計画と技術計画」

言いたいことを伝えるのって難しい^^;

ここまでの内容を理解してもらえたら嬉しいのですが、
最終結論を書きたいと思います。

「デザイン」とは、目的を達成させるための機能計画
「設計」とは、デザインが成り立つための技術計画

デザインは問題解決するための機能を計画することだと思うんです。
上手く機能するために数々の技術でデザインをカバーする。

家づくりをデザインするとは、
まさに暮らしをデザインすることで、
暮らしの在り方そのものなんですよね。

その理想の暮らし方を実現させるために、
お金の使い方や構造、間取り計画、
住む土地、設備の選定などを一つ一つまとめるわけです。

どうでしょう?
「間違ってる!」なんて突っ込まないでくださいね。
あくまでテコの考え、思い込みですから^^

家づくりの参考になれば幸いです。

0

関連記事

  1. 【デザイン】4つの要素を覚えて家づくりをしてみよう(意外な効果も期待できます)

  2. 【プラン計画】小さい書斎?子供部屋?住宅模型写真5選

  3. 【プラン計画】家づくりを始める前から便利に使える1つのツール×4つの知識

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

  1. ロフト付き3階建て住宅

    ロフト付き3階建て住宅分解模型

    2019.11.17

  2. 5階建共同住宅の分解模型

    2019.11.12

  3. カフェ併設の住宅をスケール75分の1のスタディ模型に

    2019.10.27

  4. 【マンション】レトロな昭和へタイムスリップ!世界に一つの個性派…

    2019.10.24

  5. タウンライフ家づくりの口コミ・評判が悪い理由を4つ上げてみました

    2019.10.20

  1. 【家づくりに効く動画7/7】復習!住宅模型の本当の使い方(おまけ動…

    2018.11.27

  2. 【家づくりに効く動画6/7】100均の材料と道具で作れる住宅模型動画

    2018.11.26

  3. 【家づくりに効く動画5/7】アンケート「住宅模型って知ってる?」認…

    2018.11.25

  4. 【家づくりに効く動画4/7】新築検討で意外な住宅白模型の使い方

    2018.11.24

  5. 【家づくりに効く動画3/7】検討模型って何?を7つの模型でお話します

    2018.11.23

管理人プロフィール

teco(テコ)

管理人テコです。『もけると』はライター登録された建築家や模型職人や学生や施主の皆さんによる住宅のスタディ模型事例投稿サイトです。

Translate »