新潟旅行で見学した住宅見学会。自然派住宅と段ボール模型

1+

sunafuの紹介ページはこちら

家族で行く新潟旅行は初めてでした。2017年4月初旬のことです。そこで見た新潟と、友人が設計した住宅の見学会に行った時のお話を簡単にまとめました。お施主様のご厚意で見学できたことに感謝です。ありがとうございました^^

MAXときに乗って♪

すでにご存じの方も多いようですが、上越新幹線の2階建て新幹線『MAXとき』は2020年度末には引退なんです。もちろん、私たち家族は『とき』に乗って新潟に向かいました。息子は2階建て新幹線の2階に乗れて大満足!ついでにお弁当は新しく導入された『かがやき』で上機嫌でした。

今では4つの新幹線の弁当箱が食器棚にあります。

新潟到着、そして住宅見学会へ

到着して最初に伺ったのは友人の事務所でした。新潟で一級建築士事務所を切り盛りしている加藤さんと工務店の渡部さん。

実は、お二人のホームページをお手伝いすることになっていて、ちょうど竣工した住宅の見学会もあったため、家族そろって新潟に遊びに来たのでした。そのサイトも下記にリンクしておきますね。

加藤淳一級建築士事務所 → https://jun-arch.com/

株式会社Ag-工務店 → https://eiji-arch.com/

自然派建築。白と木のシンプルデザイン

私たち家族も家づくりに興味はあります。ありますし、実際に行動に移しているんですけど、思い通りの結果はまだ先になりそうです。間取りプランにも構造にも素材にもこだわりますし、何といってもお金は大事です。なんだかんだ言って結局はまだ理想の家を手に入れられずにいます。

家族にとってもいい勉強になるでしょうし、とても素敵な設計をされる方だったので新潟市内にあるこちらのお宅に家族でお邪魔しました。

車もゆったり止められてスッキリした佇まいです

都心に比べればはるかに空が広くて敷地一つ一つが広い印象。夏のじめじめした暑さには参るのですが、米どころでもありますし、やっぱり魚がおいしい(夜だけ妻と息子を置いて友人と居酒屋へ行ったりして^^;)のですよね!それにお酒もおいしいので、普段一滴も飲まない私もスイスイ(?)と呑んでしまいました。

お邪魔した新築の建て主さんのご厚意ですでに何組かのご家族が見学されていましたが、駐車場(新幹線とレンタカーのセット旅!)がゆったり3台分もあり止めることができました。

中庭を望むことができる広いLDK

外観は木と白壁のシンプルなデザイン。形状がちょっと変わっているのですが、分かりやすいボリュームでデザインされていて心地よい印象です。内部も外部のデザインを踏襲していて木と白で統一されています。落ち着いた濃いめの木の色に合わせたのか、サッシュは黒。より安心感のある趣を与えていて素敵です。

見学会当日のリビング

大切にしていることは?

こちらのお宅は、面積にすると大した大きさではありません。むしろ平均以下の延べ床面積ではないでしょうか。でも、狭さも物足りなさも感じません。廊下でも寝室でも同様に延べ床面積に比例するようなマイナス要素は感じられません。

リビングよりも広い中庭

その理由はシンプルなものでした。『中庭』です。建て主さんはアウトドアを楽しむために中庭を中心に家づくりをされたようです。結果、リビングよりも広くて用途も豊富な『中庭』のある家が誕生したのでした。春夏秋冬、この『中庭』ではいろんなイベントが開かれるんでしょうね。想像するだけでも楽しいです。

家づくりは大切にしていることが明確だと設計する側も形にしやすいのかもしれません。ご家族の要望をあれやこれや取り入れつつ、中心に添えるものを忘れずまとめ上げる。素晴らしい技術です。

手づくり模型と設計活動

私は普段、住宅の模型をつくっていますが、加藤さんや渡部さんの模型は作ったことがありません。でも、残念なことではないんです。むしろそれが普通だと思うんです。設計した人が模型を作って、

  • 自分の設計を立体で確認する
  • 模型で建て主さんに分かりやすく説明する

この2つがスタディ模型の主な役目ですから、設計者自身が作るのが自然なことなんです。

展示されていた模型や雑誌などの資料も展示していました。

その模型が見学会の会場で展示されていました。模型職人が作る模型はどことなくきれいに仕上げてスタディ模型に見えない漢字もちょっとあるかと思いますけど、建築事務所の中で作られた模型はまさに”検討用の模型”です。細かいところを作りこむようなことはなく、伝えたいところがちゃんと伝わるように作られます。屋根は段ボールでした。もちろんOK。段ボールだけで作る建築事務所さんもあるくらいです。

屋根を外すと内部も見れます

スケールは50分の1(S=1/50)で作られています。家族がみんなで覗き込むのにちょうど良いサイズです。ボリューム(外観)を見るだけの模型も良く作りますが、屋根を外して内部が見える模型はそこでの生活を想像するのに役立ちます。常に模型の周りに集まり、子供たちも積極的に家づくりに参加するようになります。設計者にとっては手元に模型を置いてほしいところかもしれませんが^^;

このお宅も、きっと模型を中心にご家族が集まり、とても活発なコミュニケーションが築けたんじゃないかなぁと思います。

新潟観光も楽しみました!

息子も住宅見学会を楽しんだようでした。模型もいっぱい見せてもらって子供ながらに何か想像できたのではないでしょうか。

弥彦山ロープウェイにて

霧で何も見えない^^;

せんべいを焼いてきました

イチゴ『越後姫』も堪能

天気はあいにくの曇り。それでも雨が降らないだけラッキー!ということで2日目は色々と楽しみました。弥彦神社を参拝した後、せんべいを焼きに新潟せんべい王国へ行き、大きなハートの生地にワンちゃんの肉球(妻がトリマーなので)を描いて焼いてもらうせんべい体験は平日だったこともあり満喫。ロープウェイは上ってみると景色なんてなぁ~んにも見えない山頂でアイスを食べて降りてくるだけでしたが、急遽探していってみたいちご狩り園では『越後姫』をこれまたほぼ貸し切り(どこだったか・・・?)で堪能してきました。

まとめ

新潟県は、日本一の積雪量を誇ります。と同時に年間の日照時間は全国都道府県で45位だそうです。今回お邪魔したお宅は、そんな新潟の風土を最大限楽しめる家づくりの結果でもあるんじゃないかと思うんです。新しい命が生まれる春の庭、スッキリ晴れた日の秋の庭、真っ白な雪の降る冬の庭、蒸し暑い夏の庭、すべてがこの住宅の中心で楽しめます。

私たち家族は関東に住んでいますし、今後の家づくりも多分関東で進むことと思います。「どんな土地でどんな暮らしをしていこうかね?」という本来の目的を改めて考える良い機会になった新潟旅行でした。

1+

関連記事

  1. 5階建共同住宅の分解模型

  2. 屋内駐車場付き:2階建て住宅

  3. 【写真集】S=1/100外観白模型だけを集めてみました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ライター登録でゲット!

『もけるとクラシック』開催中!
ライター登録して模型の写真をアップしよう。いいね!が多かった上位のライターさんには、管理人テコから模型製作無料プレゼントがあるよ!設計事務所さんも学生さんもバンバンアップしてね^0^/

詳細はこちらでチェック

Youtube動画チャンネル

もけると管理人運営!\ 登録者7200名以上 /

カテゴリー

  1. 屋内駐車場付き:2階建て住宅

    2019.12.15

  2. 【模型の使い方】間取りのミスはスタディ模型でチェックしよう!

    2019.12.06

  3. 3階建て住宅、分解模型

    2019.11.26

  4. ロフト付き3階建て住宅

    ロフト付き3階建て住宅分解模型

    2019.11.17

  5. 5階建共同住宅の分解模型

    2019.11.12

  1. 【家づくりに効く動画7/7】復習!住宅模型の本当の使い方(おまけ動…

    2018.11.27

  2. 【家づくりに効く動画6/7】100均の材料と道具で作れる住宅模型動画

    2018.11.26

  3. 【家づくりに効く動画5/7】アンケート「住宅模型って知ってる?」認…

    2018.11.25

  4. 【家づくりに効く動画4/7】新築検討で意外な住宅白模型の使い方

    2018.11.24

  5. 【家づくりに効く動画3/7】検討模型って何?を7つの模型でお話します

    2018.11.23

管理人プロフィール

teco(テコ)

管理人テコです。『もけると』はライター登録された建築家や模型職人や学生や施主の皆さんによる住宅のスタディ模型事例投稿サイトです。

Translate »