【費用】模型で家づくりが安くなった事例をやんわりと3つお伝えします

管理人テコです^^

どんなに頑張っても有限なのがお金と時間。

お金は無限なんて人もいますが、
現実的には有限ですよね。

そんなお金に関する模型がらみのお話をご紹介します。

模型を作るとできること

家を建てるために予算の計画を立てます。

「費用をどうやって捻出しよう?」
「生活費を抑えないと・・・」

と考えるとなんだか憂鬱になってきませんか?

お金のプロに家計を見直してもらって、
月々2万円も絞り出せたとか、
ヘッドハンティングで転職が上手くいったとかいっても、
なんか不安は残ります。

そこで、
別の視点で不安を少しでも取り除くことが
住宅模型を作ることで可能なお話をします。

模型を作るとできることの一つに、

「要らないものが見える」

があります。

トップライトはそれでも欲しい?

屋根に取り付けた天窓(トップライト)は
結構、憧れに思われているかもしれません。

トップライトから差し込む光が
部屋を明るく照らしてくれるイメージがありますもんね。

でも、実はそれほど陽が入らないものなんです。

良く考えると真上に太陽ってこないから
冬場はトップライトから光が入ってこないし、
夏場だって正午に真上に来た時くらいで、
相当大きなトップライトじゃないと
期待されるほどの光って長時間入りません。

それが分かるのが模型なんです。

やってみると分かるのですが、
懐中電灯などを太陽に見立てて動かすと、
思ったほど光が入らないんです。

でも、気付くこともあります。


「大開口の窓や天窓にしなくても
  印象的で心地良い光って入るんじゃない?」

ということに。

窓が小さくても光を取り入れる方法って色々ありますよね。
壁に反射して部屋全体を明るくしてくれる
北側の窓なんかは和っぽくて個性も感じます。

そして、天窓がなくなったことで
費用も抑えられたりするんです。

考えてみたら、
屋根に穴を空けて窓を設置するなんて大変なことです。

雨漏りしないようにしっかり組まないと、
それこそ予算を掛けたのに雨漏りする家になっちゃう。

屋根の形って想像できる?

プロが屋根の図面を見れば
その形がどんな感じかはすぐわかります。

でも、
一般の方が見るとなんか良くわかんないもので、
そんな時に模型を作ることもあります。


屋根が複雑だと、
模型を作る職人さんも時間が掛かります。

同様に、
実際の建築現場でも時間が掛かるものです。

しかも、
その複雑な屋根を構成する部材は
材料費、加工費、施工費、人件費全てで
多大な費用を掛けてしまいます。

模型を見て、

「屋根をシンプルにしよう!」

と気付けば、
それだけでかなり大きな費用の削減につながります。

平面プランと断面プラン

平面図を見ていてあまりに複雑だと
すぐ再検討を試みると思います。

なぜなら、図面だけでも複雑なことが分かるから。

でも、
平面上はたいして部屋数も多くないのに
断面を見るとなんか複雑ってことがあります。

狭い土地事情を上手に活用して
スキップフロア(床が段々になっているプラン)にしているとか、
地下から屋上まで5層に分かれているとか。

でも、

「それって本当に必要なの?」

と考えてみる必要があります。

生活動線が今までとガラッと変わって
苦痛に感じるようでは住み替えの意味もありません。

プランは、
決して平面的なものだけではなく、
断面的なものの見直しも必要です。

プランがシンプルになれば、
もちろん掛かる費用も抑えられますから、
断面確認も模型でしてみると良いですね。

まとめ:模型で費用削減できる

図面とパースで家づくりを検討していると、
良い部分は良く見せようとしますが、
悪い部分は見えないように隠すこともできます。

そんなことはしてはいけないのですが・・・。

でも、
模型を作るとそういうごまかしは利きません。

作り方は簡略化しても、
空間の構成はごまかせませんから。

だから、
模型を作らないで着工してしまうというのは
とっても危険なんです。

ちゃんと模型で再チェックをしておけば、
結果的に図面やパースでは分からなかった部分で
大幅な削減をすることができることがあります。

屋根や窓やプランの変更が
100万単位で費用削減に貢献してくれることもあります。

住宅ローンの返済が楽になるはずですよ^^

関連記事

  1. 【費用】消費税10%で焦って契約してはいけないたった1つの理由

  2. マンションギャラリー用内観模型1

    【費用】これくらいの規模が好き!”200万円で夢を叶えるリフォーム

  3. 【予算】「完成模型は作らない」は正しいか?3つの提案

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

teco(テコ)

管理人テコです。モクモクと住宅の白模型を作る職人のこれまでの経験が家づくりと模型づくりに役立てば良いなぁと『家づくりのための住宅模型倶楽部~もけると~』を開設しました。

  1. 【費用】消費税10%で焦って契約してはいけないたった1つの理由

    2019.08.24

  2. 【建築家探し】特徴を把握して使い分け!建築家検索サイトを6つご…

    2019.08.21

  3. 【モニター募集】建築事務所を個人で運営中だけど上手くいかない時…

    2019.08.11

  4. 【イベント情報】8/10,11渋谷東急ハンズで体験会!レビューの万能カ…

    2019.08.09

  5. 【解決策】建築学生の卒業設計で困ること3つとその準備を考えよう

    2019.08.06

  1. 【家模型入門21/21】ライブ解説バージョンサイコロ作成解説

    2018.11.07

  2. 【家模型入門20/21】アルバイトさん向けサイコロ作成解説

    2018.11.06

  3. 【家模型入門編19/21】模型担当者さん向けサイコロ作成解説

    2018.11.05

  4. 【家模型入門18/21】サイコロ作成で技術力をアップ!

    2018.11.04

  5. 【家模型入門17/21】材料/道具の画材屋やオンラインショップのご紹…

    2018.11.03

  1. 【家づくりに効く動画7/7】復習!住宅模型の本当の使い方(おまけ動…

    2018.11.27

  2. 【家づくりに効く動画6/7】100均の材料と道具で作れる住宅模型動画

    2018.11.26

  3. 【家づくりに効く動画5/7】アンケート「住宅模型って知ってる?」認…

    2018.11.25

  4. 【家づくりに効く動画4/7】新築検討で意外な住宅白模型の使い方

    2018.11.24

  5. 【家づくりに効く動画3/7】検討模型って何?を7つの模型でお話します

    2018.11.23

間取り作成サイトレビュー

無料サービスを実際に利用してレビューにまとめました。我が家も家づくりを始めていい加減なことは一切書いていません。参考になりましたらご活用ください(アフィリエイトリンク)

<コラム1>
間取り作成を複数社に一括依頼できる無料比較サイトを試してみた

<コラム2>
アフターフォローが来た!間取り作成無料一括請求サイトのレビュー直後(住宅情報館編)


【タウンライフ家づくり:間取り特集】