増税後、ハウスメーカーが『スタディ模型作ります』を始める理由

0

管理人テコです。

 

もう気付いていらっしゃる方も多いと思います。住宅展示場のハウスメーカーが増税前後の顧客獲得で四苦八苦していることを・・・。

今回は、その苦心の上で始めると予想しているサービス『スタディ模型作ります』について解説しますね。

 

苦心するハウスメーカー

戸建て市場の縮小はハウスメーカーだけではなく、住宅設計に携わる会社にとってとても厳しい現実です。

すべては建て主持ち

ウルトラマンタイガと目が合ってしまった!(気がする)※珍しく動画以外は公開OKでした

先週末も住宅展示場に行ってきました。目的はウルトラマンショー。可愛いココット鍋ももらっちゃって、ハウスメーカーって恐ろしいところだと改めて思うのでした。

これらのイベント費用は、当然ながら住宅建設の費用に上乗せされますし、テレビCMや分厚いパンフレットに掛かるコストもすべて住宅購入者である建て主さんが支払うことになりますから。無視できることではありません。もし、これらすべての余分なお肉を削り落せば、住宅はもっと違った価格構成になったんじゃないかと思いませんか?間違いなく安くなりますよね。

横並びのサービス

ハウスメーカーのサービスはほぼ横並びと感じることが良くあります。

例えば、某メーカーがTOTOと共同開発したタイルをアピールしていました。でも、実際は他のハウスメーカーもそのタイルを使えるから大した差別化にはならないですよね。

例えば、消費税増税を前に、住宅ローン減税や増税に関係のない非課税対象(リフォームや中古物件などの一部とか)をアピールして契約してもらおうと頑張る営業マンがいます。でも、そもそもがどこでも当たり前に受けられる国民のためのサービスですから、当然差別化には結びつかないのが本当ですよね。宣伝力で勝る会社が独自のサービスのように思わせたようについ感じてしまいます。

例えば、「わが社の売りはZEH(ゼッチ:詳細はこちら)が売りだ」というハウスメーカーがあります。ところが、このZEH、国が強力に推進している省エネ事業です。補助金も出ますし、市町村規模でもZEHを推していたりします。ハウスメーカーがやらない訳がないんです。

結果、どんなサービスを打ち出しても、技術力のある日本のメーカーはあっという間に吸収して「わが社もできます!」となってしまって、どこも似通った横並びのサービスになってしまうんです。

事業の多様化で耐え忍ぶ

すそ野を広げてリフォーム事業や海外事業の強化を進めるメーカーも多くなりました。今まで木造住宅だけだったのが、気付けば鉄骨造の家も売り出したり、高齢者向けサービスが付加された住宅を建てたり、9階建てのビルまで可能な住宅を開発したり。自然災害に対して敏感な私たちに向けた多くのサービス、例えば、某CMで観たことがある方も多いかもしれない「防災に役立つ『安心BOX』プレゼント!」なんかもリソースを上手く活用して活路を切り開いています。

スタディ模型作ります

それでは本題に入りますね。ハウスメーカーが『スタディ模型作ります』というサービスを始める理由の説明です。

スタディ模型とは?

外観だけの模型から分解できるものまで様々。もっと簡易なものももちろんある。

スタディ模型とはどういった模型のことでしょうか。作るタイミングはおもに3つ。

    • 初めての提案でインパクトを与えるために作られる
    • 契約前に契約の最終決断をくださいてもらうために作られる
    • 契約後に検討を重ねるために作られる

『完成模型』とは区別される検討用に分類される簡易な模型のことを言います。

白い理由は、単に白いスチレンボードというカッターで切れる素材を使っているから。段ボールを使って模型を作る会社もありますから、白い必要はありません。とにかく、図面では分かりづらいプランを立体にして分かりやすくすること。そのために作られます。

始める理由1:時代背景

機能があり過ぎて使いこなした試しがない・・・

私たちの身の回りのものは、時代とともに形を変えていきました。産業革命が発端で始まった工場での大量生産。モノが容易に手に入るようになると、私たちは手に入る以上の価値を求めるようになります。機能が盛り沢山のラジカセなんてまさにそうですよね。実際に使いこなした人ってどれだけいたんでしょう?その後、機能は厳選され「見た目のデザイン」に欲は注がれるようになります。デザインに飽きると、徐々に本来の目的に重きを置くようになりました。「無印良品」が流行ったのもこの頃でしょうか。そして今は、「暮らし方」という目に見えづらいモノへのこだわりが書籍やコラムになって望む豊かさを考える機会を多く与えていると思います。

そんな時代背景があって、今、住宅のあり方も目に見えない「暮らし方」に注がれるようになりました。機能、構造、デザインに加えて、空間の質を求めるようになったんですね。結果、空間が一目で分かり、かつ、生活が想像できる模型に注目が集まるようになるのは必然なんです。

始める理由2:人間味

CGパース、3Dパースは、手描きパースのような立体画をパソコンで描いた現代の技術です。このパースが登場した頃、しょっちゅう「模型の時代は終わった」と言う声を聞きました。実際に、模型を離れCGパースに乗り換える建築会社はありました。が、ほとんどが模型に戻ってきました。正確には、模型もCGも採用することになった会社がほとんどでした。

3Dプリンターが登場した時も同じような危機感が業界に走り、早々に3Dプリンターに乗り換える模型屋も多くいたことは想像できるかもしれません。ところが、思ったほど3Dプリンターは伸びませんでした。技術的な伸びではなく、住宅模型への活用がです。理由は価格面が大半を占めると思われますが、未だに手作りのほうが安いことが挙げられるのです。

それにも増して、重要視されたのが『人間味』です。手描きパースにどこか温かみを感じ、なくならずに残っているように、手作り模型も残り続けるでしょう。図面ですら手描きにこだわる建築家もいらっしゃいます。

始める理由3:ごまかせなくなる

そして、何よりきついのが、ネタがなくなってきたこと。技術の進歩についていかなければならない苦労もあるでしょうけど、独自性、差別化につながるサービスに限界が来ているように感じるんです。悪く言うと、誤魔化しがきかなくなってきたんです。例えば、CGパースは人間の視覚とは違った見え方で表現できるので、実際より空間を広く見せることができます。例えば、オール電化で年中快適な室内を保てると思っていたら、自然災害で厳しい現実を突きつけられることになったのは記憶に新しいこと。模型は作り方に上手い下手があるとはいえ、空間や動線(間取り)をごまかすことができないんです。

まとめ:建て主が模型を求めるようになる

家づくりを失敗したくないのが建て主さんの本心。

これまで、ハウスメーカー側の立場で書いてきたのですが、最後に建て主さん(お施主さん)の立場で考えてみます。

図面を見た建て主さん、まず間違いなく最初は戸惑います。図面が分からないからです。すると、設計士がせっせと図面の説明をしますが、持ち帰って家族でもう一度見てみるとやっぱり分からない。うやむやな状態でズルズル時間は過ぎ、建ててみたら思っていたのとは違っていた。そんな話は皆さんもよく聞くと思います。

そこで登場するのが模型です。とにかく分かりやすいんです。子供たちも興味を示すほど家づくりの重要なポジションにいるのが模型なんです。結果、これからの時代は『家づくりに模型は必須』と言われるようになると言い切れます。

家づくりを成功させたい建て主さんがスタディ模型の存在に気付き模型を求めるようになれば、ハウスメーカーは『スタディ模型作ります』を大々的に始めることになるんですよね。

0

関連記事

  1. 平屋住宅

    【家づくり事情】平屋建て住宅も考えてみる時代になりました

  2. 【家づくり事情】日本の住宅数、空き家数は?住宅模型との関係性

  3. 【家づくり事情】リノベーション・新築・リフォーム、あなたの未来の家は?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

teco(テコ)

管理人テコです。モクモクと住宅の白模型を作る職人のこれまでの経験が家づくりと模型づくりに役立てば良いなぁと『家づくりのための住宅模型倶楽部~もけると~』を開設しました。

  1. 新潟旅行で見学した住宅見学会。自然派住宅と段ボール模型

    2019.10.13

  2. 【動画】さぁ、スタディ模型をつくろう!Youtube動画591本目は外構…

    2019.10.06

  3. 【レビュー】建築会社作成の無料間取り図を立体模型に!作り方も分…

    2019.09.23

  4. 増税後、ハウスメーカーが『スタディ模型作ります』を始める理由

    2019.09.17

  5. 【作り方】本格的な家模型にチャレンジ!無料動画『基礎編』が役に…

    2019.09.12

  1. 【家づくりに効く動画7/7】復習!住宅模型の本当の使い方(おまけ動…

    2018.11.27

  2. 【家づくりに効く動画6/7】100均の材料と道具で作れる住宅模型動画

    2018.11.26

  3. 【家づくりに効く動画5/7】アンケート「住宅模型って知ってる?」認…

    2018.11.25

  4. 【家づくりに効く動画4/7】新築検討で意外な住宅白模型の使い方

    2018.11.24

  5. 【家づくりに効く動画3/7】検討模型って何?を7つの模型でお話します

    2018.11.23