【メリット&デメリット】一括見積もりサイト(建築会社比較サイト)とは違う「注文住宅相談センター」とは?

【レビュー】一括見積もりサイト のデメリットを解消する 注文住宅相談センターとは?
あの”FACTFULNESS”を読破(聴破?)するのに13時間も掛かると聞いてAudible(Audiobook)はいらないと思っていました。でも、スマホのアプリで好きな速度に変えられる機能があったんですね。読書の苦手なテコにはうってつけ。Youtube動画よりも時間を有効に使えます。
2+

こんにちは、テコです!

我が家の家づくりのために、無料で間取りプランを作成してもらえる「タウンライフ家づくり(間取り)」を利用したことを以前レビューしました。真剣に新築をお考えのご家族にとってそれなりの情報収集はできる印象は持ちました。ただ、「タウンライフ注文住宅相談センター」のほうがより簡単でシンプルなサービスだと知り、その違いをまとめてみました。

【レビュー】間取り作成を複数社に一括依頼できる無料比較サイトを試してみた
→ https://mokeruto.jp/wp/townlifereview20190727/
【レビュー】無料間取り作成依頼サイトから追加でハウスメーカーを紹介されました
→ https://mokeruto.jp/wp/jutakujohokan20190804/
【レビュー】建築会社作成の無料間取り図を立体模型に!作り方も分かる動画で公開
→ https://mokeruto.jp/wp/howtomake20190923/

【PR】

 

注文住宅相談センターとは?

レビューしたタウンライフ家づくり(間取り)の記事を読んで頂けると分かる通り、間取りを建築会社に無料で作成してもらうために一括申し込みすることができます。が、それなりの不安や不満もあります。例えば、複数のハウスメーカーや工務店から資料が届くだけではなく、メールや電話も何本かあります。一括請求はできて良いのですが、あちこちからいつ来るかわからない連絡に対応するのはちょっと嫌なものです。

ところが、そのほとんどを解消することができるタウンライフ注文住宅相談センターというサービスをに全く同じ会社から提供されています。仕組みは簡単です。メール一本で住宅会社選びの相談に乗ってくれ、気に入った会社のみと交渉できるというシンプルな形。従来のタウンライフ家づくり(間取り)とはどこが違うのかを一つずつQ&A形式でご紹介します。

電話で申し込み?ネットだけで済む?

タウンライフ家づくり(間取り)の場合
  → ネットで申し込むと複数社とつながります
申し込んだ後、タウンライフのサポートから電話が掛かってきたのは2回。1回目は申し込みから1か月後で「その後進展はございましたか?」「保険のサービス案内」「クレームにあたることはありましたか?」といった内容。2回目は「新たに加入した工務店のご紹介」でした。
ネット申し込みだけで済むわけではなく電話も掛かってきますが、しつこい勧誘や無駄電話ではなく、アフターフォロー的な役割をこなしている感じです。2回目の電話で追加紹介された1社が当たりだったのでむしろ良かったと思っています。
ただし、ネットで申し込んだと同時に、見積もりと間取りプランを請求したハウスメーカーや工務店各社ともつながりますので、そちらとのやり取りも個々に発生します。なので、同じことを何度も説明するなどは本当に面倒。メール・電話・資料郵送と対応もバラバラなのでなお面倒ではあります。

タウンライフ注文住宅相談センターの場合
  → ネットで申し込みタウンライフとつながります
タウンライフの担当アドバイザーから申し込みフォームで書いた希望日時に電話があり、30分ほどの相談タイムとなります。家づくりの悩みを解決できる会社探し、建てたい家の条件に合った会社探し、その他家づくりに関する相談、例えば住宅ローンや土地探しなどの相談も受けられます。
この段階では各ハウスメーカーや工務店には情報は渡りませんから、タウンライフの担当アドバイザーとマンツーマンなので面倒な対応に追われる必要がありません。

住宅メーカーからメールや電話はくる?

タウンライフ家づくり(間取り)の場合
→ きます。
私の場合は、ほとんどの会社がメールをしてきましたし、半分の会社が電話を掛けてきました。ややしつこい電話攻めのケースが1社(最大手ハウスメーカー)ありました。ステップメール(仕組化された自動メール)で定期的に届くメルマガへ登録されるケースも数社ありました。もちろんメルマガ解除は簡単にできましたが、あまり気持ち良いものではありませんよね。

タウンライフ注文住宅相談センターの場合
  → きません。
申し込み後は、電話でタウンライフの担当アドバイザーとのやり取りのみとなります。最終的に精査したハウスメーカーや工務店との初面談をセッティングするまでがアドバイザーの役目です。そのため、面談が決まるまでの間は住宅会社から電話もメールもありません。最大3社まで無料でセッティングしてくれるそうです。

建築事務所も紹介してくれる?

タウンライフ家づくり(間取り)の場合
タウンライフ注文住宅相談センターの場合
  → いいえ、ともに紹介してくれません。
タウンライフのサービスに加盟している住宅会社はすべて第三者機関の住宅保証と建設許可証を有している施工業者です。住宅保証を一番わかりやすい例で説明すると、住宅を建築中に住宅会社が倒産したとしても、第三者機関の住宅保証があることで完成までサポートしてもらえます(第三者機関により異なります)。ある一定の安心が担保されているんですね。第三者機関の住宅保証がない会社はタウンライフに加盟できないそうです。
ところで、なんで建築家や建築事務所などと言われる小さな会社は紹介してくれないのでしょう。上記だけ聞くと、「保証がないから質が低いってこと?」と思われるでしょう。でも、実際はちょっと違います。第三者機関を利用するのは実際に家を建てる会社(建設許可を取っている会社)で、設計監理だけを業務とする建築事務所は第三者機関の住宅保証を有する必要はなく、一般的な建築事務所は加盟の対象から外れるわけです。

☆★建築家検索は『もけると』でもできますよ!☆★
→ https://mokeruto.jp/wp/category4/a-design-house/

資格保持者がアドバイスしてくれる?

タウンライフ家づくり(間取り)の場合
  → 資格もなく専門知識もありません。
ネットで簡単に一括申し込みできるサービスなので、人が対応することはありません。アフターフォローによる電話対応はありますが、専門知識があるわけではないので、住宅ローンや土地活用などの質問をしても対応できないのが現実です。

タウンライフ注文住宅相談センターの場合
  → 必須の資格はそもそもありませんが専門知識はあります。
資格を保持しているわけではないそうです。ただし、タウンライフ担当アドバイザーは家づくりに対する広範囲の問い合わせに応えられるだけの専門知識を持っています。

日本は資格大国と言われます。私もいくつか資格を持っていました。ほぼ失効しましたが^^; その中に、「住宅建築コーディネーター」、「住宅ローンアドバイザー」、「リビングスタイリスト」、「快眠空間スタイリスト」、「カラーコーディネーター」など、実用的な資格、面白い資格も複数取得していました。アドバイザーは、私のような資格を個人的に保有しているのだそうです。私のように「2級建築士」を取得している方もいらっしゃるかもしれませんね。

地域は柔軟に設定できる?

タウンライフ家づくり(間取り)の場合
  → 設定できません
ネット上で申し込む際、選べる地域は1つのみ。しかもピンポイントで選ぶ必要があります。例えば、「神奈川県横浜市西区」。市町村区まで選択しその他の地域はまた改めて申し込む必要があります。間違って同じ住宅会社を選択してしまうと、ダブルで問い合わせが来るのでかなり面倒。

タウンライフ注文住宅相談センターの場合
  → 設定できます
担当アドバイザーとのやり取りで住宅会社の選定は比較的柔軟に設定することができます。基本的には県単位だそうですが、ピンポイントで地域を2つ以上に設定したり逆に気になる住宅会社の拠点で検討することも可能。注意点は、合計3社までしか面談のセッティングができないことですので、ある程度地域は確定しておいたほうが良いですね。

比較まとめ

タウンライフ家づくり(間取り)タウンライフ注文住宅相談センターとの違いをお伝えしました。

忙しい方やあまり面倒なことをしたくない方にとってタウンライフ注文住宅相談センターは以下の理由で利用しやすいですね。

  • 複数社と複数交渉しなくていい
  • 複数の異なる手段(メール・電話・訪問など)に追われなくて済む
  • 専門知識を持つアドバイザーとマンツーマン
  • 選べる地域を調整できる

もちろん、途中で話がとん挫したとか、建築事務所に頼みたくなった時にも料金は発生しません。無料ですから、情報収集も兼ねて利用してみるのも良いかもしれません。

タウンライフ注文住宅相談センター

2+
あの”FACTFULNESS”を読破(聴破?)するのに13時間も掛かると聞いてAudible(Audiobook)はいらないと思っていました。でも、スマホのアプリで好きな速度に変えられる機能があったんですね。読書の苦手なテコにはうってつけ。Youtube動画よりも時間を有効に使えます。

関連記事

  1. 【レビュー】台湾発万能カッターツール ”Perfect Cut”:ものつくりや建築模型に活かせるか検証しました

  2. 【探し方】注文住宅の見積り&相談が無料でできるポータルサイト

  3. 【レビュー】無料間取り作成依頼サイトから追加でハウスメーカーを紹介されました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Youtube動画チャンネル

\無料で学べる!/登録者10,000名間近!

管理人プロフィール

teco(テコ)

管理人テコです。『もけると』では家族の妄想時間を創造するお手伝いをしています。家づくりの際には、ぜひスタディ模型を作ってみることをオススメしています。

カテゴリー

  1. 【夏休み工作】自由研究に小学生・中学生の子どもたちと3Dプリンターでものづくり(リペアな暮らし体験)

    【夏休み工作】自由研究に小学生・中学生の子どもたちと3Dプリンタ…

    2020.07.02

  2. 【建築模型材料】スチレンボードの購入方法を教えて下さい・・・4…

    2020.06.20

  3. 【3Dプリンター】ミニチュアハウスのデータをダウンロードして印刷してみた!

    【3Dプリンター】ミニチュアハウスのデータをダウンロードして印刷…

    2020.06.16

  4. 【3Dプリンター】最安値LABISTSで簡単印刷!?住宅模型活用のメリット&デメリットまとめ

    【3Dプリンター】最安値LABISTSで簡単印刷!?住宅模型活用のメリ…

    2020.06.15

  5. 模型職人も使う道具・材料・書籍でちょっとハイレベルな建築模型づくり

    【まとめ】模型職人も使う道具・材料・書籍でちょっとハイレベルな…

    2020.02.12

  1. 【3Dプリンター】最安値LABISTSで簡単印刷!?住宅模型活用のメリット&デメリットまとめ

    【3Dプリンター】最安値LABISTSで簡単印刷!?住宅模型活用のメリ…

    2020.06.15

  2. 【雑談】建築模型職人Youtuberが動画を本日も7本アップするも・・・

    2019.02.02

  3. 【家づくりに効く動画7/7】復習!住宅模型の本当の使い方(おまけ動…

    2018.11.27

  4. 【家づくりに効く動画6/7】100均の材料と道具で作れる住宅模型動画

    2018.11.26

  5. 【家づくりに効く動画5/7】アンケート「住宅模型って知ってる?」認…

    2018.11.25

-PR-
-PR-アフィリエイト初心者向き【A8.net】
-PR-【タウンライフアフィリエイト】