カフェ併設の住宅をスケール75分の1のスタディ模型に

3+

住宅白模型職人テコです!

いつも和を感じさせる佇まいの住宅を設計する株式会社建販さん。今回もそんな趣のある模型の依頼を頂きました。今回初めてカフェ併設の住宅模型の製作となります。公開を快く承認くださいましてありがとうございます。

広い敷地にゆったりとした平屋カフェ

実は、カフェかどうか分かりません。厨房、待合スペース、お座敷があるので和定食のお食事処かもしれません。薪を置く棚や暖炉もあるので寒い地域なのかな?ということが見てとれます。(もちろん地域を知っていますが非公開です^^)

よぉ~くみてみると、左下の小さな坪庭に面したお部屋があります。「カップルシート」と書かれてありました。ちょっと贅沢な時間が大切な人と過ごせるしゃれたお食事処になりそうでちょっとワクワクしませんか?

2階建てのオープンなLDKと吹抜け

住宅部分へ視線を移してみましょう。

2階建ての住居部分の1階は南側に面した空間が総吹抜けとなっています。LDKはオープンになっていてとても広く感じます。ストリップ階段ですから尚更広さを感じますね。南側に大きなデッキと広いお庭もあるので気持ち良いこと間違いなしではないでしょうか。

2階はお部屋が2つありますが、1つは将来的に壁を設けてお子さんのお部屋になるようですね。扉が2つ設置せれていますし、ロフト部分も入り口が2つに分かれています。

ポイントまとめ

模型で眺めてみると図面では分からないことが良く見えるものです。建販さんの住宅は、実は天井がいつも低くく、1階は高さ2.2m、2階は2.1mしかありません。もし、一般の方が聞いたら「天井が低くて嫌!」なんてなりそうですが、模型があると低い理由の説明もスラリと頭に入ってくるのでしょう。

建販さんでは地場の木材を活用して家づくりをします。そのため、白い模型にバルサ材をワンポイントで使っています。模型に個性が感じられて印象的ですし魅力を感じます。

模型は、

    • 形が分かりやすい
    • 意思が伝わりやすい
    • 子供たちが参加しやすい
    • 設計者が確認しやすい
    • 最後の記念に残る

といった利点があります。

お施主様がより理想の家に近くためのツールとして大いに活用してほしいですね。

3+

関連記事

  1. 【マンション】レトロな昭和へタイムスリップ!世界に一つの個性派リフォーム

  2. 5階建共同住宅の分解模型

  3. 新潟旅行で見学した住宅見学会。自然派住宅と段ボール模型

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

カテゴリー

  1. 5階建共同住宅の分解模型

    2019.11.12

  2. カフェ併設の住宅をスケール75分の1のスタディ模型に

    2019.10.27

  3. 【マンション】レトロな昭和へタイムスリップ!世界に一つの個性派…

    2019.10.24

  4. タウンライフ家づくりの口コミ・評判が悪い理由を4つ上げてみました

    2019.10.20

  5. 新潟旅行で見学した住宅見学会。自然派住宅と段ボール模型

    2019.10.13

  1. 【家づくりに効く動画7/7】復習!住宅模型の本当の使い方(おまけ動…

    2018.11.27

  2. 【家づくりに効く動画6/7】100均の材料と道具で作れる住宅模型動画

    2018.11.26

  3. 【家づくりに効く動画5/7】アンケート「住宅模型って知ってる?」認…

    2018.11.25

  4. 【家づくりに効く動画4/7】新築検討で意外な住宅白模型の使い方

    2018.11.24

  5. 【家づくりに効く動画3/7】検討模型って何?を7つの模型でお話します

    2018.11.23

管理人プロフィール

teco(テコ)

管理人テコです。『もけると』はライター登録された建築家や模型職人や学生や施主の皆さんによる住宅のスタディ模型事例投稿サイトです。