通信講座からコミュニティの時代へ

↑上のボタンを押して参加申込みへ↑

Q:支払方法は?
A:クレジット払いとなります。デビットカードも可能です。
Q:道具材料は自分で揃えるの?
A:はい。ご自身で揃えるとご近所やオンライン上のショップに詳しくなり安心です。
Q:codocって何ですか?
A:決済システムです。クレジット決済も、紹介プログラム(アフィリエイト)も利用可能になります。codocでアカウント登録することでコミュニティ参加できます。
Q:質問はできますか?
A:コミュニティ(もけると談話室)で質問できます。
Q:プロの道具では高額ですか?
A:はい。道具だけで1万円を超えます。特典の新入門動画を参考にしてください。
Q:生計を立てられますか?
A:はい。ただし、大変厳しいのが現状ですのでコミュニティで相談してみましょう。
Q:色付き模型も学べますか?
A:はい。コミュニティ内で動画や相談が可能です。
Q:コミュニティの退会は簡単ですか?
A:はい。codocのサブスク解約は簡単です。解約後はコミュニティ退会が月末完了されます。

ここまでご覧頂きありがとうございました。このコミュニティを作った理由を簡単に説明させてください。大きな理由は3つあります。

●理由1:ママ模型職人●

Youtubeチャンネルを運営していました。ある日、九州にお住いの主婦の方からメールが届いたんです。「動画を観て模型を勉強しました!」その後、ご自身で受注できるまでになり、今はさらにワンステップ上を歩んでいます。動画だけで模型職人が生まれただけではなく目標達成に繋がったことに感動しました。Youtubeチャンネルは閉鎖しましたが、もけると談話室で応援し合っています。

●理由2:建築学生●

建築学生さんの卒業設計展をご存じですか?彼らの熱量は模型やプレゼンに現れます。が、同時に「どれだけお金掛けてるんだろう・・・」という違和感を感じてしまう模型もあります。ある時、息子の卒業設計を手伝って欲しいという依頼がありました。部下にすべて設計も図面も描かせ、私に模型を作らせようとしました。もちろん、即答でお断りして帰ったのは言うまでもありません。そんなこともあり不自然な規模の模型には違和感を感じるようになったんです。頑張ってお金を貯めて卒業設計に備える建築学生さんのためにできることは?と考えるようになりました。

●理由3:通信講座受講者●

シンプルによく講座受講者さんから質問を頂いています。その中でも意外に多かったのが、「通信講座に満足していない」という不安や不満の相談だったんです。「孤独」な受講が家づくりへの高い貢献度に気づく機会すらも奪っていました。その解決策が「もけると談話室」です。 「上手く」て「早く」て「つながれる」コミュニティの存在は意外に役立っているようです。

ここまでお読み頂きありがとうございました。下にスクロールすると「登録画面に進む」ボタンがありますので、初月無料の「codoc(コードク)」アカウント登録ページへお進みください。

※ご注意※

アカウント登録後にメールが届かない場合はスパム(迷惑メール)フォルダをご確認ください。あるいはメールアドレスのご入力が間違っている場合がございますので改めてお申し込みをお願い致します。
24時間経ちましても返信がない場合はお手数ですが件名「もけると談話室申込み確認」にてお申し込みの際のメールアドレスと同じメールから下記メールへお問い合わせ頂けると幸いです。

※管理者概要※

  • 管理者:阿部貴日呼(屋号:テコ)
  • 住所:〒104-0061 東京都中央区銀座8-10-5 DENSANビル G-139
  • Email:teco@mokeruto.jp
  • TEL:090-3528-2773
  • 業務内容:コミュニティ運営・模型製作・模型レンタル・専門特別講師

初月無料モニター登録完了後の流れ