【100均】1000円以内でできる!家づくりのための住宅模型の作り方

※ ご連絡 ※
今、サイトをコミュニティ化(リニューアル)しています。
そのため、記事のほとんどの画像がなく、リンク切れも発生しています。ごめんなさいm(_ _)m
ほぼイメージの固まったトップページをチェックしてもらえると嬉しいです!

家の模型を作ろうと思ったこと、あります?

普段はそう思うことってまずないですよね。実は、家づくりの最中でも模型を作ろうと思う人は少ないことがアンケートで分かっています。住宅模型の存在すら知られていないこともあるくらいなんです。模型の役割をよく理解しているテコとしては残念な現実・・・。そんな住宅模型、家づくりに欠かせないアイテムです!

  • 新築計画中なんだけど図面じゃイマイチ分かんない・・・
  • 今度のミーティングでお施主さんに分かりやすくに伝えたい
  • 小物づくりが大好きで住宅模型にも興味がある

などなど、作る理由は色々ですが、模型は誰が作るのが良い?をご紹介している記事もあります。

※過去記事

さて、今回ご紹介するのは、100均の材料や道具だけで家の模型を作っちゃう動画です。動画で勉強して、計画中の家を本格的な立体模型にするお施主さんもいらっしゃるんです。それどころか、ママ模型職人にまでなってしまった方も実はいらっしゃったりします。

そんな家づくりに役に立つお話です。

100円ショップを利用して住宅模型づくり

我が家の周辺半径1kmには100円ショップが4件もあります。とは言ってもそのうちの3件がダイソー。ちょっと離れますが、キャン★ドゥやSeria、地元ながらの無名100円ショップもあります。何気に新商品のチェックや既製品などをチェックするために100均巡りをすることもあります。

例えば、金尺、カッターマットなどの道具類はほとんどが100円ショップで揃います。テコのようなプロが使う道具の半額以下です。もちろん、品質は落ちますから、プロとして通常使うことはあまりありません。とはいうものの、100円ショップの便利さは一般のみならず、建築事務所や建築学生さんにもオススメできるレベルに近づきました。質と種類が豊富になった両面テープや模型づくりが楽しくなるような商品が沢山見つかります。

千円以内で住宅模型を作る動画

例えば、庭の芝生に使える素材がディスプレイ材料や園芸、ガーデニングコーナーにあります。建築模型で有名なスチレンボードの代わりにカラーボードという5mmのボードは30分の1サイズの住宅模型を作ることができます。

以下は、消費税8%の時代に公開した動画です。10%になっても990円で揃いますね。

本来なら高い商品、例えばペイントマーカーやスプレーのり、汚れ落としなどに使えるシールはがし液などは相場の3分の1から5分の1の価格で買えて便利。100円ショップにある造花も使えるんです。リアルな植栽を植えなくても、可愛くてきれいな造花を植えてあげるとなんかワクワクする模型になります。このアイデア、実はテコの動画で模型職人になられたママさんのアイデアなんです。

以下のような雰囲気を出すことができるわけですね。

100均動画をまとめたリスト

100円ショップの商品で制作した住宅模型をはじめとした100均シリーズがあります。

100円ショップで買った材料や道具の紹介や、息子と作ったものなども含めると55本ありました。現在はYoutubeチャンネルを閉鎖しVimeoという動画配信プラットフォームへ移行中で数本しか公開できていませんが、とはいえ、楽しめる動画になっていると思います。

子供たちの夏休み工作課題に

3年弱で40,000回以上再生されている人気の動画は夏休みの工作にも人気ですよ!

一般の方に向けたわかりやすくて始めやすい住宅模型製作の参考動画の一つです。子供たちの工作としてだけじゃありません。もし、家づくりに行き詰っていたらぜひ観てほしいなぁ、とも思っています。模型を作れば、何かもっと素敵な住まいが建つんじゃないかって感じてもらえるはずです。

【夏休み工作課題: 100円ショップ「DAISO」で住宅模型をつくろう!】

もちろん、近々マイホームの計画がなくても、お子さんがいらっしゃらなくても趣味として楽しめます。約15分動画です。ご家族と一緒にどうぞお楽しみください^^

模型の作り方は無料で学べる

テコは子供たちにも大人気の職業となったYoutuber(建築模型の作り方whiteteco:2021年3月閉鎖)でした。ただ、テコの場合は、アクセス数重視の『面白系』や『衝撃系』ではなく、『職人系』または『教育系』に分類されます。建築模型、特に住宅の白い模型の作り方専門チャンネルでした。今では、すべてYoutubeから独立して「妄想アパートメントもけるとの(当サイト)」で視聴することができます。

20年前の建築模型の学び方

テコが学生の頃(20年以上前)は、Youtube自体ありませんでした。当時の建築学生たちは、「模型の作り方は先輩から盗め!」的な学び方で模型のスキルを上げたものです。学校(専門学校も大学も建築学科を卒業しています)の授業でも模型の授業はありませんでした。努力した人ほど先輩たつから情報を入手しては技術向上につなげた訳です。ちなみに、当時のテコは「どうすりゃ模型なんか作らずに課題提出できる?」を考える怠け者学生でした^^; 巷の建築模型通信講座は安くても5万円台、ひどいものは50万円以上するものもあります。敷居は高いですし、未だに内容は・・・な講座(某3社の教材は入手しています!)ばかり。

今時の建築模型の学び方

つい最近まではGoogle検索でした。ところが、最新の調査ではSNSやYoutubeで検索するのがトレンドです。今時の建築模型の作り方も例にもれずYoutube動画チャンネルでいくらでも学べるようになりました。もちろん無料です。模型職人の無料動画はテコ以外にも存在し、半端なく高いレベルでも学べます。何度もお伝えしていますが、動画だけで模型職人になった方も少なくありません。

まとめ:さぁ、家の模型を作ろう!

一般の方にとってプロの模型は敷居が高くてなかなか手の出ない高級品かもしれません。

でも、100均に行けば、

・楽しみながら材料選びができる
・道具も揃う
・費用も格安で済む

とあってとてもオススメです。住宅模型って、立体的に間取りを理解するためにはとても重要。もう間違いなく必須アイテムです。図面だけでは難しすぎてイメージするのも大変です。CGパースでは全体が見渡せなくて細切れ動画のようにチグハグな生活イメージになりがちです。立体で直接見ることができる模型なら理解しやすいだけではなく、どんな暮らし方をするか想像できるのも大きな利。それが住宅模型の醍醐味。しかも、子供たちにも理解できるから興味深々で家づくりに参加します。家族みんなで妄想して欲しい家により近づけます。

お出掛けの際には、ぜひ100円ショップを覗いてみてください。家づくりを楽しくするアイデアが浮かぶかもしれませんよ!

関連記事